周りがキラキラしていようが盛られていようが、自分は自分。

先日、初めてお会いするヨガティーチャーの方とお話をする機会がありました。

 

ヨガ業界について思うこと、公には言えず悶々と抱いていた思いや疑問など、話し出したら「あら~似たようなことを感じていたのね」とばかりにお互い色々出るわ出るわ。

 

ソーシャルメディアなどでの「盛り」の度が過ぎていることがあるよね、私は実態を見ましたよ~

 

とか

 

ヨガを教えている人なのにそれはちょっとね・・・

 

とか。

 

互いに聞く話に「え~っ、そんなのアリ?!?!?!」と驚いたり。

 

そんな話が尽きなかったのですが、あぁぁ、同じように思っている人がいて良かったと安心しました。

 

食事が終わって水でも話す話す(笑)

 

長らく悶々と思っていたことを発信できずにいたのは、

 

私自身まだまだ勉強の身、ヨガを完璧に理解して実践できているとは言えないので、単に「大したことないくせに偉そうなこと言ってる」と思われるのが怖いのです。はい、勇気がありません。

 

文字だけでは本意が伝わらないことが多々ありますし。

 

「ヨガを完全に理解して実践できているとは言えない」と言うのも勇気はいります。「え、そんなんでヨガ教えてるの?」と思われかねないから・・・って他人の反応ばかりを気にしていますが、はい、気になります。

(ヨガの実践完璧です!という境地にはそう簡単には辿りつけないですけれど)

 

お互い話したことをものすごく大まかにまとめると「ヨガにキラキラはいらない」。

 

キラキラの具体的なこと、その他をこれ以上細かく言う勇気はないのでこの辺で止めておきますが、

 

ここまでブログで言えるようになっただけでも進歩なのです。

 

そして、その方と別れて帰り道で思ったのが、

 

他人がソーシャルメディアで盛っていようが、「キラキラ」していようが、自分は自分。

 

結局、自分は自分のことに集中するしかないのです。

 

中途半端にみえますが、お・し・ま・い 😅

 

*トップ画像は朝の練習の時のもの。動画で自分チェックをした時のひとコマです。髪の毛は乱れたまま、サイズがやや大きいショートパンツ、白黒加工して何となく盛ってみました(何を??)

 

コメントはこちら

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

オーストラリア・ブリスベン在住ヨガティーチャー。東京都出身、在豪歴延べ12年(パース・シドニー・ブリスベン)。日豪での会社員生活からのヨガティーチャー転身。ヨガ翻訳や日本生まれの音響楽器、シンギング・リン®を使ったサウンドヒーリングもしています。日々楽しく軽やかに穏やかに。