練習に気乗りがしない時

日々マットの上での気持ちは異なります。

 

今日は結構いい感じ😊 という日があれば、あぁ今日は何だか気が乗らない😔 と感じる日も。

 

気が乗らないとか何だかイマイチな感じの日は、やっぱり集中力がとぎれやすい(そもそも集中しているのか?ということも)。

 

最近、練習中の自分を動画に撮ることがあるのですが、あきらかに集中力がない瞬間を見つけたので、記録としてブログに貼り付けて残します。

 

 

よそ見の時間が長かった・・・!しかも、そこで動きを止める?みたいなタイミングでした。

 

練習に気乗りがしない時あるのは仕方がないと割り切っています。人間ですもの。そのことで自分を責めても意味がないし、クヨクヨするのも意味がない。 →以前はしていましたけれど…

 

日々ヨガの練習をすることは別に苦行でも修行でもないのです(たまにヨガの練習を続けることを苦行と捉える人がいますが、きっとそれは偏った情報を受け取っているのかもー)。お休みもします。

 

マットの上で日々淡々と。自分観察の場です…

 

 

ヨガは「アーサナ(ポーズ)が出来た、出来ない」に意識が向きがちなのですが、それだけではないということに気づくともっと楽しくなっていきます。自分観察、面白いです。

 

まだ「出来た出来ない」でしか考えれらかったとしても、そのことを「自分は間違っている」と思わなくても良いし、焦る必要もないです。

 

練習を続けてやっと感じられるようになったかなぁ。

 

人間、いくら周りがあれこれ言っても理解できない時は出来ない(特に、子供のころ大人が言うことに対して)、ある時ようやく理解できる時が来る、ってありますよね。それと同じだと思います。

 

あと、気乗りしないながらもマットに立つことを続けて、同じことを続けることの難しさと大切さにも気づきました。同じことを続けられるようになると、ブレない自分が少しずつできてくるような気がします。たとえ1日に10分でも。

 

練習にどうしても気乗りがしない、やる気がない時は、とりあえずマットの上で10秒過ごす。坐るだけでもヨシ。それで「もういいや」と思ったら「終了」でもいいと思います。

 

スタジオでヨガ、の場合はとりあえず着替えて家のカギをしめて出かける。3歩進んで「やっぱりいいわ」と思ったら、進んだ3歩を戻って、またカギをあけて家に入ってもOK。

 

とりあえずアクションは必要です。

 

これからも地道に、時に気乗りがしない自分とも付き合いながら(笑)日々マットに立ちます。

 

HAPPY PRACTICE 🙂

 

コメントはこちら

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

オーストラリア・ブリスベン在住。東京都出身、在豪歴延べ13年(パース・シドニー・ブリスベン)。日豪での会社員生活からヨガティーチャーに転身。ヨガクラスをする他は、ヨガアプリ「Down Dog」の日本語音声&翻訳、「ヨガジャーナルオンライン」のライターとしても活動。庭でニワトリを飼い、細々と家庭菜園を楽しんだりのオーストラリア生活を送っています。