思いこみを捨ててみる – オーストラリアの美容院でヘアカット

オーストラリアで生活を始めて「さてどうしよう?」と思ったことのひとつが美容院。

 

20年近く前になりますが、Perthに滞在していた時にローカルの美容院に2回ほど行きました。

 

当時でも日本人の美容師さんはいたと思うのですが(日本人向け情報誌に広告があったような記憶もあります)、インターネットもまだまだ発達していない、SNSで情報がサクッと入手できるわけでもない、日本人の友達が少ない、ナイナイナイで(←古っ)情報に乏しい時代でした。

 

そんな理由でローカルの美容院しか選択肢がなかったのですが、2回とも「なーんかイマイチ」な仕上がり。

 

英語力の無さで要望をうまく伝えられなかったせいかもしれませんが、アジア人の髪の毛をオージーの美容師さんにお願いするのは無謀なのかな、なんて今 思えば随分な偏見を抱いてしまいました。

 

そんな経験(と偏見)があり、それ以降オーストラリアではずっと日本人経営の美容院、美容師さんに頼っていました。

 

が。

 

ある時ふとローカルの美容師さんにお願いしてみようかな?と思い立ち、調べてみたらうちから徒歩圏という超ご近所の自宅サロンを発見。

 

長年の美容師経験がある女性が去年オープンしたというサロン。インスタもチェックし、ここはいいかも!の直感で始めて行ったのが3か月ほど前で、先日また行ってきました。

 

とても丁寧にカットしてくれて、仕上げもバッチリ思い通り。今までの「オージー美容師さんはムリ」という偏見はあっさり消えました。

 

そして内装がとても素敵。「ランドリールームでやっている自宅サロンもあるけれど、プロフェッショナルに見せたいから」と結構手をかけてリノベーションしたそうです。私の自宅ヨガスタジオもリノベーションあっての現在ですが、手を加えたくなりました。

 

技術は確かだから安心してお任せできるし、ローカルビジネス(スモールビジネス)のサポートにもなるし、家から近い。良いところを見つけた自分を称賛中です👍

 

「日本人美容師さん以外にヘアカットをお願いするのはダメ」

 

こんな長年の思い込みをスッと手放してみたら良いものが転がってきた、そんな感じです。

 

やわらか頭、やわらかマインド、大事ですね。もし何か頑固な思い込みがあったら、違う角度からそれを眺めて、違うものを受け入れてみるのもよいかもしれません 🙂

 

 

コメントはこちら

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

オーストラリア・ブリスベン在住ヨガティーチャー。東京都出身、在豪歴延べ12年(パース・シドニー・ブリスベン)。日豪での会社員生活からのヨガティーチャー転身。ヨガ翻訳や日本生まれの音響楽器、シンギング・リン®を使ったサウンドヒーリングもしています。日々楽しく軽やかに穏やかに。