ヨガクラスでのアジャストメント – 自力と他力

 

ヨガクラスで先生が生徒さんの体に直接 手(時に足)を添えることがあります。アジャストメントとよばれるものです(以下アジャストとします)。

 

生徒さんがより安全に、より快適に気持ち良く、深くアーサナ(ポーズ)が取れるようにするためのお手伝い。

 

身体に触れるアジャストをして欲しいですか?と聞かれれば YES と答える人が多いかと思います。「やってもらった感」が得られるというのもあるかな?

 

では身体に沢山触れてもらう方が良いのか、沢山触れてくれるから良いクラス・良い先生なのでしょうか?

身体に触れるアジャストをしてもらうことで、自分では気が付かなかったことに気づいたり、これが限界だと思っていたことの少し先を行けることがあるので、大きな収穫です。

 

しかし、時としてアジャストは「受け身」(→他力)で終わってしまうことがあるので、私はまず「自力」が大切だと考えています。

 

その自力を促すという意味でも口頭での指示をします。これもアジャストのうち。

 

自分では気が付いていなかったけれど「腰が反りすぎないように」と言われれて腰に意識が向き、実は自分の腰が反れていたと気づくとか

 

「しっかり呼吸して」と先生に言われて自分の呼吸の浅さや、呼吸から意識が離れていたことに気づいたり。

 

指示を聞いた自分の頭から身体に指令を出して、自分で「こうしよう」をするのが第一歩。

 

 

自力ではここまでだけど、手を添えれば身体もあと少し無理なく動いて、アーサナが深まるなあ〜という時。

 

身体は動くはずだけれど、頭が指示を出しきれていない場合の「ガイド」として。

 

そんな時に身体に触れてのアジャスト、という風に考えています。

 

だから他力よりもまず自力。

 

先生から身体に触れてもらう回数が多いと、より一層 教えてもらっている!自分を見てくれている!ような気持ちになるかもしれませんが、受け身ばかりだと自分で学ぶ機会が減ってしまいます。

 

私の経験ですが、ヨガを始めたばかりでまだ身体の使い方がわかっていないころ、ひとつのアーサナで先生から上半身も脚も同時にアジャストを受けました。まさに手取り足取り。

 

自力で動かせる範囲を超えたもので、痛みなどはなかったものの腕や脚を整体マッサージのように動かされ、されるがまま。

 

結果、形としては出来上がっていたようですが、短時間でのことだったので、身体をどう動かしたら良いのかを理解することはできませんでした。

 

(自分では限界だと思っていた以上に「身体の可動域としてはいける」ということに気づいたので、その点は良かったと思いますが)

 

身体に手を添えて「ぱっぱっぱっ、はい出来たー!」ではなくて、

 

自分の身体のどこに伸びを感じているのか、どこが心地よいのか・良くないのか、身体のパーツをどう動かしているのかなどを感じることが大切。

 

 

繰り返しますが、自力>他力 です。

 

あれもしてくれる~これもしてくれる~、ヨガクラスを好む(望む)方もいらっしゃるかもしれませんが、私は自分の経験上、それが生徒さんのプラスになるばかりではないと思っています。

 

生徒さんとの信頼関係があってこその「自力と他力」のバランス。引き続き良い環境づくりを心掛けます 🙂

 

コメントはこちら

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

オーストラリア・ブリスベン在住ヨガティーチャー。東京都出身、在豪歴延べ12年(パース・シドニー・ブリスベン)。日豪での会社員生活からのヨガティーチャー転身。ヨガ翻訳や日本生まれの音響楽器、シンギング・リン®を使ったサウンドヒーリングもしています。日々楽しく軽やかに穏やかに。