睡眠の質を簡単に上げる方法

 

長らくの間、朝起きるためのアラームにスマホを使っていました。良くないと思っていたのにずるずると使い続けていました。

 

特に、これダメだよなあ~と思いながらやってしまっていたのが、夜中に目が覚めた時に「今何時だろう?」と時間を確認するだけのはずが、メールやメッセージの受信のお知らせを見てアプリを開いてしまったりとか。

 

その後すんなり眠りに戻れたこともありますが、目が冴えたことで頭も冴えてしまい、眠りに戻りづらくなったことも。

 

朝まで一度も起きなかった時でも、何となく目覚めがスッキリしないとか、睡眠時間のわりに眠れた気がしないとかもありました。

 

 

やめたいと思いながらやめていなかったスマホのアラーム利用。惰性って怖いです。

 

先日やっとアラーム時計を入手し、スマホの寝室持ち込みをやめました。

 

結果。初日から眠りの質が変わりました。

 

え、こんなに簡単に変わるものなの??と思ったほど。

 

夜中に途中で目が覚める回数が減った
よく眠れたな~と思える日が増えた

 

など、睡眠の質があがったのは確かなようです。

 

 

スマホからの電磁波やブルーライトの影響は無視できないですね。

 

その他には、スマホやパソコンを寝る直前まで使うのを出来るだけ控えるようにもしていますが、これも睡眠の質向上に役立っているような気がします(ブログやFacebookページの投稿時間は夜であることが多いですが、殆ど予約投稿です)。

 

今度は寝る時にはWi-Fiの電源を切ってみます。

 

もしも今このブログをベッドや布団の中でご覧いただいている方・・・

 

まずは読んでいただいてどうも有難うございます!

 

でも

 

もうスマホ片づけた方がいいですよ!!😅

 

 

コメントはこちら

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

オーストラリア・ブリスベン在住ヨガティーチャー。東京都出身、在豪歴延べ12年(パース・シドニー・ブリスベン)。日豪での会社員生活からのヨガティーチャー転身。ヨガ翻訳や日本生まれの音響楽器、シンギング・リン®を使ったサウンドヒーリングもしています。日々楽しく軽やかに穏やかに。