1日10分の瞑想時間が取れない理由

 

これをやってみよう!と思った何かを毎日短時間でも続ける際、それが嫌なことではないのに実行できないことはありませんか?

 

例えば「毎日10分瞑想する」。

 

10分の時間すら取れないほど日々忙しいわけではない。
24時間ずっと騒々しい場所にいるわけではない。

 

でも出来ない。気が付いたらやらないで1日が終わっていた。

 

どうして??

 

考えられることその1 雑念や誘惑

・ふと目にしたものに気を取られその対象物へ関心が向いてしまう
・集中するためにサイレントモードにしようと触ったスマホでネットサーフィン
・家で誰かに話しかけられた
・その他諸々

 

考えられることその2 「10分だけなら後でもできる。」

10分という短い時間がすぐの実行を阻むことに。よくありがちな「いつか」「また今度」です。10分だけなら後でもできる、と後回しにして、結局そのままやらずに寝る時間がやってくる。

 

そんなこんなの些細な理由で10分の時間を取ることが思うようにいかない。

 

あるある?

 

目の前の10分間を取れずに他のことに気が向いてしまうのはマインドが忙しいから、かもしれません。

 

そしてそういう時だからこそ、10分とは言わず5分だけでも静かに坐って目を閉じ、今この場所に存在している自分を感じる。

 

そして忙しくなっている自分を一旦落ち着かせる。こんな作業が必要かもしれません。

 

もちろん5分、10分だけで全てはリセットされませんが

 

ほんの少しでも自分軸に戻る、「ココロここにあり」の習慣をつけることは大切で有意義なことだと思います。

 

一本の筆で赤の絵の具を使い、そのまま青の絵の具を使ったら色が混ざって紫になる。

 

赤の後に青にしたければ 筆を水で洗う 必要がある。

 

 

この 筆を水で洗う行為 と

 

日常生活の中で少し静かに坐る時間は似ているなと思います。

 

忙しい気持ちのままで何か他のことを始めたら、多少なりともその混雑が先のことに影響するのでは。

 

 

瞑想で心が静まる様子を味わい、心をリセットするのは楽しくて気持ち良いです。

 

時に自分の雑念の多さに気づきますが、決してそれを「いい・悪い」でジャッジせず、そんな自分をシンプルに受け入れるだけです。

 

5分が長ければせめてせめて3分でも毎日静かに坐ってみる。

 

これを皆さんにもお勧めしたいこともあって、日本語ヨガクラスではクラス終了後に自由参加のメディテーション時間(10分間)を設けています。

 

 

途中の5分を経過したところで合図をするので、もしそこでしんどくなったらシャバアーサナでお休みしてもOKとしています。

 

家で10分の時間を取るのが難しくても、ヨガクラスの一環としてなら(ついでなら)無理なくできる。

 

まずはここできっかけを作ってもらって、いつか1日3分でも家で瞑想をする日が少しずつ増えていったら。と思っています。

 

瞑想(心静かに時間を過ごすこと)も練習の積み重ねです。

 

Happy Practice 🙂

 

愛用中の瞑想アプリ - Insight Timer

2018.01.05

コメントはこちら

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

オーストラリア・ブリスベン在住ヨガティーチャー。東京都出身、在豪歴延べ12年(パース・シドニー・ブリスベン)。日豪での会社員生活からのヨガティーチャー転身。ヨガ翻訳や日本生まれの音響楽器、シンギング・リン®を使ったサウンドヒーリングもしています。日々楽しく軽やかに穏やかに。