100万円の価値

 

昨日から話題になっているこのツイート。

 

 

フォローしている方のリツイートで知りました。

 

ぽーーんっと1億円を出せるのがすごい。

 

この件に関しては賛否両論ありますが、それは置いておき。

 

もしこれで100万円当たったらどうしよう?と考える私がいました(誰でもそうですよネ)。

 

今の為替レートで(円高が進んでいますね)オーストラリアドル $13,000 弱。100万円と聞くよりも現実味が増します🤑

 

美味しいものを食べに行くかなー
贅沢な旅行をするかなー
家のリノベーション費用にあてるかなー

 

あれこれ想像(妄想)は膨らむのですが・・・

 

「こういうお金をもらって嬉しいのかな?」という思いと、「いやいや、嬉しいに決まっているでしょ!」という思いが交錯したりするのです。

 

どうしてそう思うのか??

 

私の勝手な解釈で、言い方が乱暴ですが、前〇さんとって「1億円」は大したことない(稼ぐのにさほど苦労しない)のかなと。

 

でも私にとっては1億円どころか100万円($13,000)だって勿論大金!!誰かに ぽーーん とあげられる金額ではありません。

 

その温度差?

 

知らない人からぽーーんともらうお金は無機質というか、大金だけれど有難みが薄れそう?

 

もしこれが「宝くじ」だったらあれこれ思わずに「やったーっ!」で受け取れるかも?え、それならどうして前〇さんからだとダメ?

 

お金は汗水たらして働いて得てこそ!とまでは言わないけれど、何だかうまく説明できないこの感覚。何だろう・・・

 

全く答えが出ません。年明けからお金について考えさせられた出来事でした。

 

応募(フォロー&リツイート)もしていないのに😂😂😂

 

✽トップ画像のお金はフリー素材サイトからのもので、私のお金ではありません😗

 

 

コメントはこちら

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

オーストラリア・ブリスベン在住ヨガティーチャー。東京都出身、在豪歴延べ13年(パース・シドニー・ブリスベン)。日豪での会社員生活からのヨガティーチャー転身。ヨガアプリ「Down Dog」の日本語音声&翻訳担当。日本生まれの音響楽器、シンギング・リン®を使ったサウンドヒーリングもしています。庭でニワトリを飼い、細々と家庭菜園を楽しんだり。日々楽しく軽やかに穏やかに。