ひさしぶりの写真撮影

先日、久しぶりにフォトグラファーさんに写真を撮ってもらいました。

 

仕事上、きちんとした写真を定期的に撮ってもらわなければと思いながら、ずいぶんと時間が空いてしまい。

 

プロの撮影は上手すぎて逆に本来の自分のイメージとかけ離れてしまうのでは、なんて心配も少~しありましたが、出来上がりはそんなことはなく、盛られた感(笑)もないと思っています。

 

ヨガの先生って、ややもするとキラキラ、爽やか、みんなの憧れの的、常にみんなを励まして元気づける存在、カリスマ、この先生に出会って人生変わりました的存在、オーガニックのものしか食べない、心が澄んでいる、毎日楽しいっ♡・・・そんなイメージを持たれることもあるようです(SNSの影響が大きいと思いますが)。

 

大変だぁ~

 

私は盛るとかキラキラするとか無理して自分をよく見せるとか、そんな仮面はすぐにはがれるし、見る人が見ればわかる、面倒くさいよね・・・と思う人です。

 

できればSNSは使わずに済ませたいところですがそうもいかず、実際SNSの恩恵も受けているので、良いとこどりをしてそれは有難く受け取って、後はひっそり地味にいきたい(ちょっとずるい?笑)。

 

そんな私ですが、もしも何らかの良い影響を受けている方がいたら、それはそれで嬉しいことです。

 

ヨガは地味なものだなーと日を追うごとに感じます。本来の自分からかけはなれないよう、地に足をしっかりつけることを引き続き心掛けていきます 🙂

 

 

撮ってもらったその他の写真は少しずつあちらこちらに登場予定です。

 

コメントはこちら

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

オーストラリア・ブリスベン在住。東京都出身、在豪歴延べ13年(パース・シドニー・ブリスベン)。日豪での会社員生活からヨガティーチャーに転身。ヨガクラスをする他は、ヨガアプリ「Down Dog」の日本語音声&翻訳、「ヨガジャーナルオンライン」のライターとしても活動。庭でニワトリを飼い、細々と家庭菜園を楽しんだりのオーストラリア生活を送っています。