Keep Cup のコーヒータンブラー(Reusable Coffee Cup)、とマイカップ割引

 

前から使いたいと思っていたコーヒータンブラー(エコカップ)。

 

Takeawayでコーヒーを飲む頻度は高くないものの、殆どのコーヒーのカップはリサイクルが不可能ということが気になっていました。

 

Takeaway coffee cups are not as recyclable as they seem and they’re piling up in Landfill (ABC News)
オーストラリア、ABCニュースの動画(ナレーションの英語も書かれています)

 

自分一人が買うTakeawayコーヒーの量はそれほど多くないけれど、コーヒーを飲むだけの短時間しか役に立たず、あとは捨てられるだけ、というのは何だかなぁと。

 

コーヒーカップは色々なものがあって、どれがいいのかな?と思っていたところにこんな記事を見かけました。

 

Best BYO Coffee Cups

8ブランド、9種類のカップの保温率、85℃から40℃まで温度が下がるまでの時間、素材、容量、価格などを比べた結果が出ています。

 

サイトより

 

ヘルスショップなどで良く見かける、オーストラリア・メルボルン生まれのKeep Cup。ガラス製はユーザースコアは3番目だけれど保温率は最下位。

 

でも、保温率の高いものは背が高く(=容量が多い)、それゆえコーヒーマシンにフィットしないという短所が。そして、容量の多いものが必要か?と考えるとそんなこともなく。

 

デザインが一番好きなKeep Cup、そうかー、最下位かー・・・とそのページから離れた数週間後、たまたま立ち寄ったヘルスショップで Keep Cupにご対面。保温率最下位を気にして迷うだけではプラスチックフリーへのお手伝いが進まないので、買うことを即決しました。

 

店頭にはプラスチック(BPAフリー)とガラスの両方があり、ガラスを選択。短所である保温率の低さは、通常の使い捨てカップに入ったコーヒーだって温度が下がるし、エコカップにしたからといって一杯のコーヒーを飲み終わる時間が長くなるわけでもない、と気にしないことにしました。

 

他の短所に「フタが硬くて取り外ししにくい」とあったのですが、本当に硬かった(笑)。でもゆるいよりはいい。

パーツはすべて取り外し可能

 

Keep Cupは日本でも販売されているようですね(オーストラリアで買うよりも安い??)

 

早速初めてのコーヒー、ではなくて、ライスミルクでホットチョコレートを作って家で飲みました。Takeawayになっていないし、何かが違うような気もしますが・・・(笑)

 

 

飲み終わるまで温かさを保っていて◎

 

ついでに、マイカップ持参でコーヒーを割引をしてくれるカフェを検索できるサイトを探しました(オーストラリア国内)。

Responsible Cafes

 

家でコーヒー以外の飲み物を作って外出することもできるし、これからの活躍に期待しています。小さなことからコツコツとゴミ減らし 🙂

 

コメントを残す