正しく伝えたいリストラティブヨガ。言い間違いにご注意。

*以前のブログに書いたものを書き直しました。

 

だいぶ前から気になっていたことなのですが、リストラティブヨガ があちらこちらで

 

「リストラティブヨガ」

 

と言い間違え/書き間違えられているケースが少なくないのです。

 

以前のブログに 「リストラティブヨガ」での検索によるアクセスが何度かありました。気になってGoogle、ツイッター、インスタグラム、アメブロ記事内で 「リストラティブヨガ 」を検索してみたところ・・・

 

結構出てきました。ヨガインストラクターの方のクラス案内などで書かれているものもありました。

 

想像以上に多くて、リストラティブと言っている自分が実は間違っているのではないか??と思ったり、カタカナが並ぶなかで「のあるなしを見て目が疲れたり(前後に「ラ」と「テ」が並んでいるのが紛らわしい~)。

 

Restrict(制限する) 、Restructure (再構築する) と発音が混ざってしまい、リストラ・・・まで言うと自然に「」がついてしまうのかな?と勝手に推測しています。

 

英語のスペルは

 

R e s t o r a t i v e 

 

 の音は含まれておらず、そもそも 「リストラティブ」 という言葉は存在しません。

Restorative の動詞が Restore

 

ものを元の場所に戻すという他に、健康状態(心身ともに)をもとの状態に戻す、回復させる、元気を取り戻させるという意味も含んでいます。

 

元の状態に戻す、元気を取り戻すRestorative Yoga。

 

元の状態に戻すというと、疲れてエネルギーが停滞している人が元気を取り戻すことが思い浮かびますが、その逆で、元気過ぎるところから落ち着く状態に戻ることも対象です。アクティブすぎると最後は疲れちゃいますよね。

 

マイナス、もしくはプラスにあるところからゼロ地点に戻す、と私は捉えています。

 

そして前回もそうでしたが、この記事を書くことで「リストラクティブ」が予測変換に出るようになってしまいました。そのうち私がうっかり「リストラクティブ」と言ってしまわないよう気を付けます。この記事も何度も見直しました(笑)

 

言い間違えはどんな言葉でも誰にでもあるのでそれを否定はしません。生徒さんがうっかり「リストラティブ」と言ったり書いたりしていても、たいした問題ではありません。

 

ただ、リストラティブヨガのクラスをしているヨガインストラクターの皆さんにはこの言い間違え・書き間違えはして欲しくないなぁと。

 

自分が教えている「リストラティブヨガ」の「リストラティブ」の言葉そのものの意味を理解することが、生徒さんにリストラティブヨガを伝えることの第一歩だと思います。

 

それでは最後にもう一度 🙂

 

リストラティブヨガ
Restorative Yoga

 

 

 

リストラティブヨガのバイブル(持っておきたい本)

2017.07.31

 

コメントはこちら

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

オーストラリア・ブリスベン在住ヨガティーチャー。東京都出身、在豪歴延べ12年(パース・シドニー・ブリスベン)。日豪での会社員生活からのヨガティーチャー転身。ヨガ翻訳や日本生まれの音響楽器、シンギング・リン®を使ったサウンドヒーリングもしています。日々楽しく軽やかに穏やかに。