リストラティブヨガ、まずこれを伝えたい

*以前のブログに書いたものを書き直しました。

 

下の囲みの中に誤りがあります。

 

リストラクティブヨガではボルスターなどの補助器具で全身がサポートされるので、楽な体制でポーズをとることができます。 

 

だいぶ前から気になっていたことなのですが、リストラティブヨガ があちらこちらで

 

「リストラティブヨガ」

 

と言い間違え/書き間違えられているケースが少なくないのです。

 

以前のブログに 「リストラティブヨガ」での検索によるアクセスが何度かありました。気になってGoogle、ツイッター、インスタグラム、アメブロ記事内で 「リストラティブヨガ 」を検索してみたところ・・・

 

結構出てきました。ヨガインストラクターの方のクラス案内などで書かれているものもありました。

 

想像以上に多くて、リストラティブと言っている自分が実は間違っているのではないか??と思ったり、カタカナが並ぶなかで「のあるなしを見て目が疲れそうになったり(前後に「ラ」と「テ」が並んでいるのが紛らわしい~)。

 

Restrict(制限する) 、Restructure (再構築する) と混ざってしまい、リストラ・・・まで言うと自然に「」がついてしまうのかな?と勝手に推測しています。

 

英語のスペルは

 

R e s t o r a t i v e 

 

 の音は含まれないし、そもそも 「リストラティブ」 という言葉は存在しません。

 

Restorative の動詞が Restore。

 

ものを元の場所に戻すという他に、健康状態(心身ともに)をもとの状態に戻す、回復させる、元気を取り戻させるという意味も含んでいます。

 

元の状態に戻す、元気を取り戻すRestorative Yoga。

 

元の状態に戻すというと、疲れてエネルギーが停滞している人が元気を取り戻すことが思い浮かびますが、その逆で、元気過ぎるところから落ち着く状態に戻ることも対象です。アクティブすぎると最後は疲れちゃいますよね。

 

マイナス、もしくはプラスにあるところからゼロ地点に戻す、と私は捉えています。

 

リストラティブヨガについては他にも書きたいことがあるので、またの機会に書きたいと思います。

 

そして前回もそうでしたが、この記事を書くことで「リストラクティブ」が予測変換に出るように。そのうち私がうっかり「リストラクティブ」と言ってしまわないよう気を付けます。この記事も何度も見直しました(笑)

 

それでは最後にもう一度。

 

リストラティブヨガ
Restorative Yoga

 

 

リストラティブヨガ・クラス案内

 

コメントを残す