簡単そうで意外と難しい、あのヨガのポーズ

ヨガのポーズは色々あって、あのポーズはやりやすいけれど、このポーズは難しく感じる。人によって様々です。

 

ですが、総じて誰にでも一番難しいのでないかな~と思うのが

 

シャバアーサナ (Savasana)

 

 

サンスクリット語で Sava は「死体」を意味し、日本語では「屍のポーズ」、英語では「Corpse Pose」。

 

それまで行っていた他のアーサナによる身体の緊張や疲労などを取り除いて全身をリラックスさせ、そして心も穏やかな、ニュートラルな状態に導くのが目的です。

 

「それではシャバアーサナです」の言葉にホッとする人も多いのではないでしょうか(私もそうです!)。

 

仰向けになるだけなので、簡単だし特に気をつけることもないように見えますが、いざやってみるとそうでもなかったりしませんか?

 

快適なシャバアーサナのために

 

よくありがちな改善したいポイントとその方法

 

頭/顔

・顎があがっている
顎を喉元に引いて後頭部の広い面積がマットに接地するよう意識する。首の後ろが自然に伸びている状態をつくる。

 

・顔が左右のどちらかに傾いている
鼻先を天井に向ける。

 

・表情が固い(眉間にしわができている、歯をくいしばる、など)
顔の筋肉を全て緩めて優しい表情をつくってみる。唇の上下がほんの少し離れるぐらいに口元や顎まわりを緩める。

 

 

上半身

・両肩の力が抜けきっていない
・指先が緊張している
肩を耳から遠ざけ、肩甲骨ごと足元に下げるようにして、どっしりとマットに乗せる。両腕を脱力させ、その感覚を指先まで届けるようにする。指が自然に丸くなっているのが理想

 

 

下半身

・腰がそれている
少しお尻を持ち上げて尾骨を前に押し出すように骨盤の位置を調整してから再度お尻をマットに着地させる

*脚を伸ばして仰向けになるのが苦手な方、腰痛気味の方は膝を立てて足の裏をマットにつける、もしくは曲げた膝の下にボルスターや丸めたブランケットを置く。

 

・脚全体が緊張したままになっている
一度脚全体を左右に揺らして力を抜き、つま先が自然と外側に向くようにする。骨盤から力が抜ける様子をイメージする。

 

 

大まかにこんな感じでしょうか。また、寒い時期はシャバアーサナの最中に体温が下がるので、上着を着る、靴下を履く、全身にブランケットをかけるなど、全身を暖かく保つことも大切です。

 

全てが整ったら、全身を完全に脱力し、意識を呼吸からも身体からも遠ざけていきます(この後何食べようかなー?とかナシです💦)。

 

シャバアーサナなので、ただマットの上に仰向けに寝るだけではなく、他のアーサナのようにある程度身体の使い方には気を配る必要があります。一見簡単そうですが、一番難しいヨガのポーズとも言われています。

 

完全に脱力する前に、一度きちんと全身の状態を確認してから、クラス最後のご褒美を味わってみてください。

 

家に帰るまでが遠足なのと同じように、シャバアーサナをきちんと練習するまでがヨガクラス😉

 

Happy Practice 🙂

 

コメントはこちら

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

オーストラリア・ブリスベン在住ヨガティーチャー。東京都出身、在豪歴延べ13年(パース・シドニー・ブリスベン)。日豪での会社員生活からのヨガティーチャー転身。ヨガアプリ「Down Dog」の日本語音声&翻訳担当。日本生まれの音響楽器、シンギング・リン®を使ったサウンドヒーリングもしています。庭でニワトリを飼い、細々と家庭菜園を楽しんだり。日々楽しく軽やかに穏やかに。