シンギング・リン® の和真音さん @ゴールドコースト&ブリスベン

 

まず初めに・・・
日本生まれの楽器、シンギング・リン® についてはこちら ↓↓↓

シンギング・リン® について(Sion Inc. ホームページ)

 

先月のインド滞在前後はシンギング・リン® の日々を過ごしていました。

 

出発3日前からの2日間。オーストラリアでシンギング・リン® を広め、そして私のリストラティブヨガのクラスでもシンギング・リン® を伝えてくださった 松本淑子さん(website)による「ベーシックセミナー」をゴールドコーストで受講。

 

 

和室でのベーシックセミナー。日本にいるような感覚になりました。

 

そして今月初め。シンギング・リン® 開発者の和真音(かず・しおん)さんが来豪、ベーシックセミナーに続く講座である2日間の「プラクティショナーセミナー」を受講しました(インドからの帰国2日後)。

 

ジャカランダが見える、こんな素敵な景色を眺めながらのセミナー。

 

 

メルボルン、シドニーから参加の方もいらっしゃいました。

 

両方のセミナーではシンギング・リン® の扱い方、鳴らし方といった技術的なことはもちろんなのですが、それに関連して自分の身体を意識するボディマップ、センタリング、グラウンディングといった、ヨガに通じることも学びます。そして、人としての在り方を淑子さんからも真音さんからも教えていただきました。これも大きな収穫です。

 

セミナーの翌週はブリスベンで真音さんから起業に関連したお話を聞く会にも参加しました。

 

 

真音さんがお話されたことの中に、 重力に逆らわず、バランスを取って生きること の大切さがありました。

 

人間は常にバランスを取ろうと揺らいでいます。ゆらゆらとプラスに向いたり、マイナスに向かったり。その際に「プラスになった(嬉)」「マイナスになった(泣)」にフォーカスするのではなく、揺らいでいる自分、成長している自分を認識すること。

 

そして、問題は常にあり続けるもので、成長しても悩みはあってゴールは存在しない。何かを成し遂げたら成功、だと思っていたら幸せにはなれない。だから「今」にフォーカスをする。「今」自分が幸せだと思えるか? 歩けること、ご飯を食べられること、家族がいることはとても「幸せ」なことだと気づくこと。

 

などなど、他にも為になるお話を沢山して下さいました。

 

真音さんはとてもピュアでシンプルな方という印象を受けました。そしてお話が面白い!!あっという間に時間が過ぎていきました。

 

真音さんの本とCDも購入、サインも頂きました 🙂

 

おまけ。思いがけず、淑子さんと真音さんのお二人にヘッドヒーリング(Crown Therapy)をさせていただくことに!

 

さすがに緊張しました~💦

 

初めてシンギング・リン® の音と響きを体験したのは昨年の後半でしたが、今こうして自分のシンギング・リン® を持ち、開発者の真音さんに直接お会い機会がやってくるとは。自分でも驚きです。

 

このご縁を大切に、そしてシンギング・リン® の音と響きが少しでも多くの方に伝わるように、ヨガに加えてシンギング・リン® の活動も少しずつ始めていこうと計画中です。

 

コメントを残す