ローカルの人を対象としたヨガクラスの意外な壁

現在住んでいる、オーストラリア・ブリスベン。

 

ローカルの方にもヨガクラスをしているのですが、日本人の方に教えるのとは違う苦労、壁があります。

 

それは・・・

 

 

英語で教えること。

 

 

・・・ってそれではここでブログが終わってしまいます 😅

 

もちろん母国語でない言葉でヨガを教えるというのは楽ではなく、これは誰でも想像がつきやすい壁かと思います。

 

英語の他に、実はもうひとつの意外な壁。

 

 

体感温度の違い

 

私の印象と経験値ですが、ローカルの方たちは日本人よりも体感温度が高め。

 

夏に、この程度ならまだ冷房をつけなくても大丈夫かな~と思っていても、皆さんにとってはそこそこ暑い。私が暑いと思った時に冷房をつけるのでは遅いのです。

 

逆に冬は、少し肌寒いかな、暖房つけた方がいいかな?

 

そう思って聞いてみると

 

「つけなくて大丈夫👍」

 

面白いのが、冬の今。

 

日中の日本語ヨガクラス
VS
夜のローカルの方向けクラス

 

シャバアーサナでブランケットを使うのは、昼間の日本語ヨガクラス。

 

 

夜のクラスでもシャバアーサナに入るときに「ブランケットかける?」って毎回聞いているのですが、ほぼ「ううん、いらないよ👍」。シーズンのうちで使うことは片手で数えるほどです。

 

私の方が寒いのですが😂

 

冬でも半パンにビーサン姿という人が珍しくないオーストラリア(クイーンズランド州は特にそうかな??)なので、それもそうか。私の寒がりを差し引いてもまだ体感温度の違いはあると思います。

 

日本語ヨガクラスよりも気をつけて対応しています。

 

ところ変われば・・・のお話でした。

 

Happy Practice 🙂

 

 

 

コメントはこちら

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

オーストラリア・ブリスベン在住ヨガティーチャー。東京都出身、在豪歴延べ13年(パース・シドニー・ブリスベン)。日豪での会社員生活からのヨガティーチャー転身。ヨガアプリ「Down Dog」の日本語音声&翻訳担当。日本生まれの音響楽器、シンギング・リン®を使ったサウンドヒーリングもしています。庭でニワトリを飼い、細々と家庭菜園を楽しんだり。日々楽しく軽やかに穏やかに。