英語のインストラクションあるある

 

前回に続きインストラクションのお話を・・・

英語のサイトになりますが、面白いものがあったので内容をシェアしていきたいと思います。

Weird Stuff Yoga Teachers Say…
ヨガティーチャーが使うおかしな(変な)表現

 

ヨガクラスのインストラクションでよく聞く表現ですが、どういうことかすぐにイメージできますか?

  1. Feel the body melting into the mat
  2. Root down through the feet
  3. Open the heart
  4. Find the breath
  5. Draw the ribs in
  6. Find space in the body
  7. Send energy out of the fingertips

ひとつずつ見ていきます。

 

  1. Feel the body melting into the mat⇒身体がマットに溶けていくように感じる

    シャバアーサナでの全身の脱力を強調した表現。身体の重さにまかせてだら~~んと全身をマットに預けてほしくて使う表現。違った捉え方をすると “身体の暖かさを感じる” にもなりうる??←今無理やり考えてみました。

  2. Root down through the feet⇒足を根付かせる

    立ちポーズで足の裏でしっかりとマットを踏みしめてもらうための表現。足の裏から根っこが生えて、自分が木になったような感じをイメージしてもらう表現。

  3. Open the heart⇒胸を開く

    これはわかりやすいでしょうか。

  4. Find the breath⇒呼吸を見つける

    クラスの途中で呼吸を忘れてしまった際に呼吸に意識を戻す(見つける)ように、もしくは集中を促す表現。

  5. Draw the ribs in⇒肋骨を引き入れる

    一例ですが、ウットゥカタアーサナ(チェアポーズ)で腰が反りすぎる際、肋骨を引き入れることで反りを戻す。

  6. Find space in the body⇒身体の中にスペースを見つける

    この表現はわかるようでわからず、しっくりこないため、何と説明したらよいのか??わかったら追記します。

  7. Send energy out of the fingertips⇒指の先からエネルギーを出す

    タダアーサナ(山のポーズ)で腕を下におろす時や、ウォーリアー2(戦士のポーズ2)で腕を左右に伸ばす時など、腕だけでなく指先までピンっと意識を向けてもらうように促す表現。

 

確かに言われてみるとわかりづらいかもしれないですね。私もこの中で1、3、5は使っています・・・

 

この他に良く聞くのが、マットや床をEarth(地球)と表現するケース。立った前屈(ウッタナアーサナ)で指をマットにつく時に touch the earth という先生がいました。クラスの中で10回指をマットにつく機会があれば、10回すべて touch the earth で統一していました!

天井を Sky(空)と言うのもお馴染みでしょうか?室内であっても Reach the arms toward the sky (空に向かって腕を伸ばして)と言うのはおかしな感じもしますが、空に向かうように高く腕を伸ばす、という意図ですね。

ちなみに私は、外でのヨガクラスで、「天井に向かって腕を伸ばして・・・」と言ってしまうことがありました。

 

そして!私が聞いたことのある中でこれはわかりにくいなあ~~と思った表現。

 

Shine the collarbone
鎖骨を輝かせる

 

・・・どんな意味か想像できますか?

 

コメントを残す