ワークショップ無事終了・リストラティブヨガ&メディテーション

 

先日、メディテーションとリストラティブヨガのワークショップがあり、私はリストラティブヨガを担当させてもらいました(メディテーションは別の先生が担当)。

 

今回のワークショップのテーマは Shakti (ヒンズー教の女神→女性エネルギーの象徴)。

 

オーストラリアはこれから秋から冬へ移り変わっていく時期。リストラティブヨガでゆったりとし、Shaktiを意識したメディテーションで心と身体を整えていきましょうというものでした。

 

最後のティータイムを含めて2時間半のワークショップ。そのうち75分間をリストラティブヨガをシンギング・リン®を使いながらリードしました。

 

 

今回はワークショップであること、そして参加者の殆どの方が既に私のリストラティブヨガとシンギング・リン®を体験済みなので、特別感をプラスするという意味でシンギング・リン®を通常のクラスの時よりも多く使いました。

 

リストラティブヨガのガイドをし、皆さんの体勢をチェックし、そしてシンギング・リン®。身体も心も静止状態に向かう参加者の皆さんとは真逆で、実は私は忙しかったです(これは反省ポイント)。

 

 

金曜夜ということもあって、皆さんがリラックスモードに入るのに時間はかからずでした。クラスをリードする側でなく参加者になりたい・・・

 

終了後は皆さん満足の表情をされていて、即「次も来る!予約入れておいてね!」と言ってくださる方も。今回が初回で、その後月に一度の開催となるこのワークショップですが、この先3か月は早くもほぼ満席のようです。

 

環境を整えてくれたスタジオオーナーと、メディテーションティーチャーのおかげで想像以上に皆さんに満足していただけました。リストラティブヨガ&シンギング・リン®も好評で、役目は無事に果たせた~(ほっ)。

 

 

スタジオオーナーから、皆さんへのお土産と同じものを私も頂きました(お茶・エッセンシャルオイルのブレンド・蜜蝋メルト)。

 

次回のワークショップが今から楽しみです。今回の反省を踏まえてさっそく準備開始 🙂

 

ブリスベンでの日本語インストラクションによるリストラティブヨガについてはこちらよりどうぞ

 

コメントはこちら

ABOUTこの記事をかいた人

オーストラリア・ブリスベン在住ヨガティーチャー。東京都出身、在豪歴延べ12年(パース・シドニー・ブリスベン)。日豪での会社員生活からのヨガティーチャー転身。日々楽しく軽やかに穏やかに。