モヤモヤからのヨガ翻訳の仕事キタ!

 

あっという間に9月も後半・・・になって今月初めてのブログ💦

 

頭がごちゃごちゃすることが続き、ブログまで気が回りませんでした。

 

そして、タイトルの通り来ました!ヨガ翻訳の仕事。

仕事くださーい

2018.08.15

 

サンプル翻訳を送り、先方から “I’ll get back to you soon.” の返信をもらってから音沙汰なし。

 

こういう時の “soon” ってどれくらいの長さなんだろう、それとも飾り言葉で特に意味はないのかなとか普段気にもしないことでモヤモヤ。

 

最初の仕事の締め切り日からして、まだ連絡がないということは・・・ダメってこと?とか。

 

実はこの仕事が来ることを前提として、キャンセル待ちから繰り上がって参加できることになった10日間の「ヴィッパーサナ瞑想」のコースを辞退していたのです。参加中は外部との接触が一切できないので。

 

ブログにも「外に宣言したらうまくいくかなー」とか書いたし、前のめりで返事を待っていましたね😅

 

音沙汰なしでほぼ諦め状態になり、そして忘れかけていました。

 

 

そんな中、今日は グループメディテーションの日。

 

(先日ヨガのことでモヤモヤどころか「カッチーン!」と来たことがありまして。納得いかない気持ちが残っていたのでそれを少しでも解消する良い機会でした。)

 

終わったあとにフジの写真を撮ってから “We’d love to hire you.” とメールが来ていたことに気づきました。何と素晴らしいタイミング。

 

“Excited to have you on the team!” の言葉がただただ嬉しい。

 

先週は別件のヨガ翻訳もあったし、少し風が向いてきたのかな・・・と思いたい!

 

今回の仕事、翻訳をするのですがプラスアルファがあり、実はこのプラスアルファの方が大きいのです。数か月後、お披露目になったらご紹介します。

 

とりあえず、バンザ~イ 🙌🙌

 

コメントはこちら

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

オーストラリア・ブリスベン在住ヨガティーチャー。東京都出身、在豪歴延べ12年(パース・シドニー・ブリスベン)。日豪での会社員生活からのヨガティーチャー転身。ヨガ翻訳や日本生まれの音響楽器、シンギング・リン®を使ったサウンドヒーリングもしています。日々楽しく軽やかに穏やかに。