ヨガマットのお手入れ、していますか?

 

ヨガで使うものといえばヨガマット。最近ヨガマットのお手入れ(おそうじ)をしましたか?

 

クラスが終わったら丸めて持って帰ってそのまま、かもしれませんが、時にはお手入れに気を配ってみてください(特に汗ばむ季節)。

 

マットの上では

立ち
座り
仰向けになり
うつ伏せになり

身体のあらゆる箇所がマットの接地面となります。

 

暖かくなってくると、クラスの最中に汗をかきます。また、サンダル履きでクラスに来る機会も増えるでしょう。外を歩くときは靴の時よりも素足が汚れがちです。

 

 

ヨガマットは色々な汚れを受け止めるので、気を付けてみてください。

 

普段のお手入れ

 

使用後は濡れた布巾で拭き取りをするだけでも十分だと私は思っています。しっかり洗いたいときは少しだけ洗剤を使って表面を布巾でやさしく洗ってきちんと水で流します(つけ置き洗いはマットによっては劣化の原因になるのでお勧めしません)。

 

きれいに流したらしっかりと陰干し。洗った後は使い心地が良くなります。

 

マットクリーナー(スプレー)を使う

 

市販のマットクリーナーを使って日々のお手入れをすることもできます。

 

ティートゥリーやラベンダーなどの精油を使って自分でマットクリーナーを作ることもできますが、自分だけが使うマットならこうしたものは使う必要はないかな?と個人的には思います。

(私は、なんでもかんでも除菌!ではなく、ある程度 菌 とは共存するものだと考えているので)

 

リトリートなど泊まりの時にはお手軽なワイプを使っていたこともありました。

 

保管場所

 

暑い時期はマットの保管場所にもお気をつけください。つい車の中に入れっぱなしという話をよく聞きますが、マットの劣化防止、そして家でもヨガマットを敷く習慣をつけるためにも 😉 高温になる車内は避けて室内で保管しましょう。

 

ヨガマットの寿命

 

定期的なお手入れでヨガマットは長持ちしますが、それでも多くのマットには寿命があります。

・買った時よりも薄っぺらい感じがする
・一部が剥がれ始める

こんな状態が見られる時は替え時です。また、使っていてればもちろんですが、使っていなくても(=保管したままでも)安いマットは劣化が進みます。

 

私の歴代マットも劣化交換を繰り返し、最終的にはManduka(マンドゥカ)に落ち着いて今に至ります。

 

 

ヨガには欠かせない相棒であるヨガマット、きちんとお手入れをして快適にヨガを楽しみましょう♪

Happy Practice 🙂

 

コメントを残す