お手軽スキンケア – 手作り化粧水 と ココナッツオイル

 

オーストラリアで暮らしているので日用品はなるべく現地調達したいとは思いつつも、日本の商品の方が使いやすい。ということは良くあります。

 

私にとってその一つは「化粧水」でした。オーストラリアで使い心地の良いものに出会ったことがなく、数年前までは一時期国の時に化粧水をまとめ買いしていました。一回に沢山使いたいので、お手軽価格であることも大事なポイント。

 

愛用していたのはこちら↓

 

でも、一時期国の限られた時間を買い物に費やす、持ち帰る、の両方が面倒になったきたことと、簡単に手作りができるということを知ってからはオーストラリアで材料を調達して自分で化粧水を作り、使っています。

 

材料は

・Distilled water
・グリセリン
・精油(香りづけのため)

スプレーボトルに精製水(蒸留水)を100mlぐらい入れ、グリセリンをたらしてよく振り、最後に精油を一滴ほど。市販の化粧水と使い心地は変わりありません。作った化粧水は一週間で使い切る(毎回一週間分だけ作る)ようにしています。

 

水について

Distilled waterは日本語で精製水だと思っていたら蒸留水??このふたつの違い、調べてもピンとこなかった・・・

 

今使っているものも蒸留水だと思っていたら Demineralised Water(脱塩水・脱イオン水)でした。Woolworthsで購入したものです。蒸留水、精製水と何が違うのか調べてもよくわかりませんでした。というか、”調べる” というほど細かく追求していません・・・

 

ラベルに表記されている、除去されたもの▶ Calcium(カルシウム), Magnesium(マグネシウム), Sodium(ソディウム), Chloride(塩化物), Sulphate(硫酸), Nitrate (硝酸塩)Bicarbonate(重炭酸ソーダ)

一週間使い切りにしているし、肌のトラブルも起こっていないので、水の違いはあまり気にしなくてもいいかな?と思っています(大雑把~)

 

今さら感動したココナッツオイルの効果

化粧水の後に使っていたのはこのローズヒップオイル。オーストラリアで安い時は20ドルぐらいで買えます。

 

長いこと愛用していたのですが・・・ちょうど新しいローズヒップオイルを買ったばかりのある日、脚をマッサージした時に手に残ったココナッツオイルを顔に塗ってみたら、思いのほか使い心地が良くてビックリ。

 

 

ココナッツオイルは過去にオイルプリングで気持ち悪い思いをしてギブアップしてからは避けていた存在でした(苦笑)。あの匂いがどうーーーーしてもダメでした 🙁  脚に塗っても顔に塗っても、匂いはしますがすぐに消えるのでオイルプリングほどの辛さは全くなし!

 

今は毎日朝晩化粧水後に使っています。一番上の写真の緑のフタの入れ物に入れ替えていますが、この量で2週間持ちました。こんなにお手軽なのに効果はしっかりで本当に嬉しいです(かなり遅れてブームに乗っている感もありますが!)。

 

この先も手作り化粧水とココナッツオイルの組み合わせでいけそうです。

 

(さて、買ったばかりのローズヒップオイルはどうしよう・・・)

 

 

2 件のコメント

  • 私も自作の化粧水を模索中なの!あと、ココナッツオイルとビーズワックス混ぜたものを保湿に使ったり。
    でも、今日聞いたのだけど、ビーズワックスは滑りを良くするのには良いのだけど、あまり肌には良くないとか!がーん。まだまだ模索は続く。。。
    かよこさんの化粧水レシピはどこから?近いうちに作ってみたいな。

    • けいこさん 🙂 お立ち寄り&コメントどうもありがとう~~

      ビーズワックスの件は知らなかった!ココナッツオイルだけでも保湿力は結構あると思うよ^^

      蒸留水とグリセリンで化粧水、は良く聞いていたから結構一般的なのかな?そこに尿素やヒアルロン酸を加えるという友達がいたけれど、オーストラリアで身近に入手できるのかよくわからないから(けいこさんその辺り詳しそう 笑)私は未体験。

      精油以外はスーパーマーケットで簡単に入手できるから是非試してみてくださーい☆

  • コメントを残す