オーストラリアで英語でヨガを教えるために私がしたこと

 

オーストラリアで生活しているので必然的にそうなるのですが、日本語でのヨガクラスだけでなく、英語でもヨガを教えています。

 

英語でヨガを教えたい、海外でヨガを教えたい、海外でヨガのティーチャートレーニングを受けてみたい、という方から質問・相談のメールを受け取ったことが何度かありました(私のブログを見つけて連絡をくださったようですが、今思えば、あの頃のブログでよく私にたどり着いたなあ~と思います)。

 

簡単に私の背景をお伝えすると、日本で英語を勉強し、日本の会社に勤め、オーストラリアの語学学校やTAFE(オーストラリアの公立職業訓練専門学校 – マーケティングを専攻しました)に通い、ローカル企業で仕事をしていた時期あり、Native English Speakerの家族はなし、今でも英語力が十分だとは思っておらず・・・こんな感じです。

 

 

一番最初のティーチャートレーニング(RYT200)を終えて、いきなり英語でヨガを教える度胸も、英語力の自信も、またローカルの人を集めるツテもなかったので、最初はしばらく日本語だけでヨガを教えていました。その間ローカルのヨガクラスに沢山通っていました。

 

後になって気づいたのですが、これが下地を作ってくれました。クラスに通い続けることで先生の言い回しを覚えていったのです。ヨガを教える英語力を身につけるためにクラスに通っていたわけではないので、これは本当に思わぬ収穫となりました。

 

そして、このままオーストラリアで日本語クラスしかやらないことは自分の選択肢を狭くするだけだと思ったので、英語でヨガクラスをすることに決めました。

 

クラスでは余力がある時は先生の言い回しをより意識して聞こうとしました(が、それがクラスに参加する本来の目的ではないので、格段に知識が増えることはなかったです)。あとはヨガのアーサナ(ポーズ)・シークエンスの解説が載っている雑誌や本から使えそうなもの、自分が実際にそれを口にしてしっくりくるものなどをメモして、一人でインストラクションの練習をしたりとか。

 

 

でも所詮私にとって英語は母国語ではないのでいくら練習しても、完璧なインストラクションにはなりません。きちんとできるようになってから教えようなんて思っていたら教えられる日はずっと来ません。まあ、完璧ってどういう状態?とも言えるのですが。

 

大丈夫かな~と心配でしたが、最悪、言い方がおかしかったり間違えたとしても自分の動きを見てくれればどうにかなる。と割り切りました(でもインストラクションが途中でブツブツ途切れたり、言い間違えを連発するのはクラスの流れに影響するので、間違ってもいい!をデフォルトにし過ぎない心掛けは必須です)。

 

そして Gumtree(クラシファイドサイト)にヨガクラスの広告を出したのですが、これがまた本当にラッキーなことに、広告を出した数日後にお申し込みをいただきました。これが私の初めての英語でのヨガクラスになり(インストラクションに慣れていないから無料で、という自分を甘やかす逃げ道は作らず、有料クラスにしました)、それからしばらくしてスタジオでもクラスを持つようになり・・・という流れです。

 

 

この話は数年前からブログに書こうかなと思いつつ、英語でヨガを教える日本人の方は沢山いるから書かなくてもいいかなと随分放置していましたが、何かのご縁でここにたどり着いた方のうちお一人にでも参考になればと思って書いてみました。

 

実際に英語でヨガを教えるようになってから気が付いたこと、クラスを受けてくれた方たちの反応、英語でヨガを勉強することなどのお話はまた後日に 🙂

 

日本語でのヨガインストラクションを英訳します
英語でヨガを教えることになった!

  • 日本語で伝えたいことをうまく英語にできない
  • 身体のパーツの英語はわかるけれど動作の説明ができない

などのお悩みはありませんか?

オーストラリアで現地ヨガスタジオやフィットネスクラブでもクラス指導中のヨガティーチャーが、シンプルでわかりやすい翻訳をします。

英語でヨガを教えたい方へ、インストラクションの英語翻訳いたします。

2018.10.03

コメントはこちら

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

オーストラリア・ブリスベン在住ヨガティーチャー。東京都出身、在豪歴延べ12年(パース・シドニー・ブリスベン)。日豪での会社員生活からのヨガティーチャー転身。ヨガ翻訳や日本生まれの音響楽器、シンギング・リン®を使ったサウンドヒーリングもしています。日々楽しく軽やかに穏やかに。