ヨガの生徒さま?お客さま?

 

ヨガクラスに来られる方をさす言葉として「生徒さま」「お客さま」が殆どかと思います。

 

英語でも同様に 「students」「clients」。

 

私の感覚では 日本語なら「生徒さま」、 英語なら「students」の方がしっくり来ます。でもこの言葉をしょっちゅう使っているかというと実際はそうでもありません。

 

正確に言うと、「お客さま」「clients」と呼ぶことに違和感があるのです。

 

「客」という言葉の意味を改めて確認しました。

金を払って、物品やサービスを求める人。
物品を買う方の側。顧客。

 

そして「client」の意味も。

a person who pays a professional person or organization for services

 

ヨガクラスに来られる方々からはお金をいただいているので、「お客さま」であることには間違いありません。

 

でも自分の中ではしっくりこないのですね・・・なんとなく皆さんとの間に一枚薄~い壁があるイメージ。

 

 

自分がクラスに来る人達を「お客さま」「clients」と呼ぶところでヨガクラスを受けたことがないからなのか・・・?

 

「clients」 という言葉を使うところでクラスを教えていたことがあります。スタジオオーナーが「clients」と言えば自分も違和感を感じながらも「clients」と返しています。

 

違和感があることには これ! という明確な理由はありません。何となく 。

 

ヨガクラスに通っている皆さんは、自分は「生徒」と感じますか?それとも「お客」?どっちでもない?興味があります。

 

ちょっとしたつぶやきでした 🙂

 

コメントはこちら

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

オーストラリア・ブリスベン在住ヨガティーチャー。東京都出身、在豪歴延べ12年(パース・シドニー・ブリスベン)。日豪での会社員生活からのヨガティーチャー転身。日々楽しく軽やかに穏やかに。