忙しいとか活躍しているとか

人から「忙しそうですね」と言われることが割とよくあります。

 

言われる度に「私はいつも何してるのかな?」と一人回想。

 

あと「活躍していますね」も言われることがあり、「えーと、何してるかな?」とまた回想。

 

もちろん、毎日やることがなくて暇にしているというわけではなく、仕事が重なって時間に追われることもありますが、それを忙しいと呼ぶのかは不明です。

 

私は「忙しい」という言葉は発言でも思考の中でも極力使わないようにしています。多分似たようなことを前にブログで書いたか、Twitterで呟いたかと思いますが…

 

「忙しい」はある意味マジックワード。

 

具体的な理由を言わなくても、その一言で「しない言い訳」として成立しますからね!忙しいから出来ないって。

 

だから「忙しい」ように感じ始めたら、何がどう忙しいのかを具体的にあげるようにしています。そうすると殆どの場合、思っているほど忙しくないことに気づきます。あくまでも私の場合ですが。

 

活躍、については私自身よくわからずなところがあります。以前、久しぶりに会った人と「ご活躍って何でしょうね~??あはははは~」というような会話をしたことがあります。

 

まるっとまとめると、忙しいとか活躍とか考えずに、ただ目の前にあることを淡々とやっているだけ、というのが現実です。

 

もうじき、ヨガとシンギング・リン®の勉強のためにオーストラリアと日本の往復が何度か続きます。これも「忙しい」のかもしれませんが、やることをやるだけに過ぎず…

 

忙しいって心を亡くすと書くし、これからも使わずに済むならそうしたいです。心にゆとりを~

 

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Kayoko Yoshida 📍🇦🇺 (@kayoko_yo) on

↑ 旅の支度ボチボチと。

 

 

コメントはこちら

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

オーストラリア・ブリスベン在住、東京都出身。在豪歴延べ15年(パース・シドニー・ブリスベン)。日豪での会社員生活からヨガティーチャーに転身。ヨガクラスをする他は、ヨガアプリ「Down Dog」の日本語音声&翻訳、「ヨガジャーナルオンライン」のライターとしても活動。庭でニワトリを飼い、細々と家庭菜園を楽しんだりのオーストラリア生活を送っています。