情報をほぼ信じなくなりました

利用しているうちに次第にそうなってきたという感じなのですが、今回のコロナウイルス騒動を機に…

 

SNSやその他インターネット上で目にする一般の人からの「情報」を ほぼ全て 信じなくなりました。

 

・その発信の元になる情報のリンクなどがない

 

・「友達が言っていた」「〇〇に住んでいる友人から聞いた」「△△(職業)をしている友人から聞いた」で始まるもの

 

・Facebookでたまにある「この投稿をシェアしないでコピー&ペーストしてください」

 

こういった情報はサクッと切り捨て。

 

フォロワー・友人の多い人、肩書・プロフィールがしっかりしている(していそう)な人の発信だったとしても「それ本当かな?」そしてスルー。

 

人が言ったことをすぐに疑ったり信じないのは何だかギスギスしているな💦と思うし、正しい情報なのに信じていないこともあるかもしれませんが、それが自分の生活に影響しているとも思えず。

 

結局のところ、ネット上の情報って必要?殆ど不要じゃない??

 

そんな風に思うようになり、SNSは使っていますが、”情報系”にはなるべく立ち止まらないようにしています。

 

(きっと同じように思っている人もいますよねっ??)

 

自宅待機5日目のつぶやきでした👋

 

コメントはこちら

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

オーストラリア・ブリスベン在住。東京都出身、在豪歴延べ13年(パース・シドニー・ブリスベン)。日豪での会社員生活からヨガティーチャーに転身。ヨガクラスをする他は、ヨガアプリ「Down Dog」の日本語音声&翻訳、「ヨガジャーナルオンライン」のライターとしても活動。庭でニワトリを飼い、細々と家庭菜園を楽しんだりのオーストラリア生活を送っています。