ヨガアプリと声の管理

 

2018年末よりリリースとなった、ヨガアプリ Down Dog の日本語版。翻訳と録音をさせていただいていますが、現在新しいコンテンツの翻訳と録音作業中です。

 

ヨガアプリ「Down Dog」の日本語音声録音と翻訳を担当しています。

27/12/2018

 

 

前回より量が少ないのと、作業にも慣れてきたので、多少は楽に進められているような気がしますが、また締め切り前にあたふたしそうな気がしなくもなく😅・・・いやいや、今度は余裕で締め切りを迎えたいものです。

 

そんな録音作業ですが、最近、声のことで気が付いたことがあります。

 

普通に喋る時には何でもないのですが、録音する時に声の出方が微妙に違うことがあるのです。喉からす~っと出ていい感じとそうでない時。

 

時間によって違うのか、他に何か要因があるのか? お酒を飲むと声に影響するとはよく聞きますが、そこまで飲みません(笑)

 

自分で納得がいく声がなかなか出なくて、そういう時は同じインストラクションを何度も録音してもダメ。諦めて翻訳だけをする日もありました。

 

今まで声の微妙な変化を意識したこともなかったので、新しい発見です。

 

最初は自分の録音した声を聞くことにものすごーく違和感があったのですが、今ではすっかり慣れました。あれだけの量を録音すれば嫌でも慣れるか~と納得。

 

この仕事がないとしても、ヨガクラスはあるので、今まで以上に体調管理、喉の管理に気をつけなければ、と思う今日この頃です。プロポリスでも使ってみようかな??

 

せっかくなので、Down Dog のココがいい!をひとつご紹介。

 

シャバアーサナの時間を選べます。

 

 

「無し」を選んでも、シャバアーサナ全くなしに終わるのではなく、仰向けになった状態であとは好きなだけシャバアーサナの時間を過ごしてくださいとインストラクションがあります。

 

時間を決めた場合は、その時間になったら合図のインストラクションが入ります。

 

これ、地味にいい機能です。

 

Down Dog のダウンロードはこちらからどうぞ

www.downdogapp.com

 

Happy Practice 🙂

コメントはこちら

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

オーストラリア・ブリスベン在住ヨガティーチャー。東京都出身、在豪歴延べ13年(パース・シドニー・ブリスベン)。日豪での会社員生活からのヨガティーチャー転身。ヨガアプリ「Down Dog」の日本語音声&翻訳担当。日本生まれの音響楽器、シンギング・リン®を使ったサウンドヒーリングもしています。日々楽しく軽やかに穏やかに。