仕事くださーい

ストレートなタイトルですが😅ヨガに関係した翻訳の仕事に応募することになり、今日そのためのサンプル翻訳を提出しました。

 

訳す原文は全て短め。長い文章より訳しやすいかといえばそうでもなく、短い中で適切な表現にまとめなければなりません。それほどの量でなかったものの、思ったより時間がかかりました。急な話だったこともあり、終わってからちょっとした脱力状態。

 

「仕事もらえますように」だとチョット弱いので、「仕事をもらうのだ!」の意気込みでやってみました。なのでこうしてブログにも書いてみた次第です。外に宣言したらうまくいくかなーなんて。

 

ヨガ関連の翻訳は過去にぽつりぽつりとやった程度。今回のお仕事が決まれば結構まとまった量なので良い経験になりそうです。

 

どんな結果となることやら。仕事もらえました!のブログを書く自分を妄想することにします。

 

Wish me luck!!!!!

 

コメントはこちら

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

オーストラリア・ブリスベン在住。東京都出身、在豪歴延べ13年(パース・シドニー・ブリスベン)。日豪での会社員生活からヨガティーチャーに転身。ヨガクラスをする他は、ヨガアプリ「Down Dog」の日本語音声&翻訳、「ヨガジャーナルオンライン」のライターとしても活動。庭でニワトリを飼い、細々と家庭菜園を楽しんだりのオーストラリア生活を送っています。