反り腰さん

 

もう「遠い昔」と呼べるほどの月日が経ってしまいましたが、下のインスタグラムの写真は、2010年にヨガティーチャートレーニング(RYT200)を受けた時の写真です。

 

タダアーサナの練習をしている写真ですが、気をつけるべき点を気をつけた上で出来上がり写真を撮ってもらったのだと思います。

 

色々頑張ったけれど、癖が少し残っています。

 

 

 

腰が反り気味なのです。

 

小学生の頃「姿勢を良くして」「背筋を伸ばして」と良く言われませんでしたか? その時、とにかくピーンっ!と背筋を伸ばせばいいと思っていたんですね。勢いをつけて伸ばすというか。

 

その癖が大人になってもずっと続いてしまったようで、ヨガを始めた時も「姿勢を整えましょう」と言われると、ピーンっ(反ってまーす)!

 

ヨガのクラスで少し指摘され、ティーチャートレーニングではもっと指摘されました。それまでは気が付かなかったのです。

 

長年の癖を修正するのは大変でしたが、何とか「ニュートラルな腰」を作れるようになりました。

 

が、実は、今でも気を抜くと腰が反れてしまうことがあります・・・💦

 

クラスで「腰を反りすぎないようにしましょう」と言っているのは自分への言い聞かせでもあります。腰が反りがちな時が、経験上よくわかって役に立っています。と前向きに思うようにします😅

 

Happy Practice 🙂

 

 

コメントはこちら

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

オーストラリア・ブリスベン在住ヨガティーチャー。東京都出身、在豪歴延べ13年(パース・シドニー・ブリスベン)。日豪での会社員生活からのヨガティーチャー転身。ヨガアプリ「Down Dog」の日本語音声&翻訳担当。日本生まれの音響楽器、シンギング・リン®を使ったサウンドヒーリングもしています。庭でニワトリを飼い、細々と家庭菜園を楽しんだり。日々楽しく軽やかに穏やかに。