力を抜く、緩めるのは簡単?

 

ヨガをしていてつくづく感じるのが

 

力を抜くことの大切さと難しさ。

 

ポーズ(アーサナ)で、つい力ずくでどうにかしようとしたり、そんなつもりはなくても無意識のうちに力が入ってしまうとか。ありませんか?

 

クラスでも「力ずくではなく力を抜いて」とお伝えしています。

 

が、そんなことを言う私も無意識に力が入ってしまうことがあり、先生に relax, relax… と力が入っている箇所に手をそっと添えられることがあります。

 

そうされて初めて「あっ!力が入ってた!😮💦」と気が付くんですよね。

 

そして、力が抜けて緩んだところでアジャストをしてもらうと可動域が広がる。

 

ヨガを始めた頃は力を入れてポーズを深めると思っていたので、この「緩めて深める」という真逆のことには 目からウロコ でした。

 

わかりやすいのが ねじり(ツイスト)のポーズではないかと思います。

 

 

つい深くねじろうとして力が入ってしまう。雑巾をギュッ!と絞るようなあの感覚。

 

力を入れれば多少はねじれますが、力を入れる瞬間はたいてい呼吸が止まっているので身体が緊張しています(=緩んでいない)。なので、動くものも動かない。

 

ねじりたかったら、ふぅ~~っと深く吐いて力を抜く(敢えて逆をいく!)

 

ちょっと難しいポーズになるとつい一生懸命になって力んでしまうかもしれませんが、そこでちょっとブレーキをかけて一旦緩めるのは大事です。

 

日常生活でもガツガツやってうまくいくことがあるかもしれないけれど、「放置」でスッとうまくいくことはありませんか?

(私の場合、最近では先日のヨガ翻訳の仕事の件がまさにそうでした)

 

手放して~~
執着を捨てて~~
Let it go, let it go ♪

 

よく聞くフレーズですが、実際にするのは難しいですよね。手放しとか言いながら実際はがっつり握っているとか(笑)。

 

力を抜くとか緩めるとか、意外と難しい。身体のコントロール・心のコントロールは繰り返し練習ですネ。私もまだまだ練習が必要です。

 

Happy Practice 🙂

 

 

コメントはこちら

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

オーストラリア・ブリスベン在住ヨガティーチャー。東京都出身、在豪歴延べ12年(パース・シドニー・ブリスベン)。日豪での会社員生活からのヨガティーチャー転身。ヨガ翻訳や日本生まれの音響楽器、シンギング・リン®を使ったサウンドヒーリングもしています。日々楽しく軽やかに穏やかに。