ヨガ界での #MeToo

最近良く見かける #MeToo の動き。

 

何とアシュタンガヨガの創始者、Pattabhi Jois(パタビ・ジョイス)氏が生徒にセクハラ行為をしていたという #MeToo が出てきました。

Karen Rain Responds to Mary Taylor’s Post About the Sexual Misconduct of Pattabhi Jois

 

この Karen Rain さんという方が、周りの女性の #MeToo に関する投稿を見て自分も経験談をシェアすべきだと思った と、過去に Jois氏からアジャストメントの際にセクハラ行為を受けていたこと、そして他の女性も同様の行為を受けていたとFacebook上で告白。リンク記事や、その他投稿で写真や動画も掲載されていましたが、確かにひどい。

 

この Karen さんはどんな方なのだろう?と思っていたら、家でアシュタンガヨガを練習する時に以前使っていたビデオ(YouTube)に登場していた生徒6人の中のお一人で、さらに驚き。

 

ヨガでのセクハラといえばビ〇〇ム氏のイメージでしたが、自分はビ〇〇ムヨガはしないのであまり細かく記事を追いかけたりしませんでした。ですが今回は自分も練習しているアシュタンガヨガ・・・

 

私がこの件を知ったきっかけはPerthにいた時にアシュタンガヨガを練習していたスタジオのオーナーのFacebook投稿でした。彼女はJois氏から直接指導を受けた認定講師です。スタジオにはJois氏の写真が飾ってあったのですが、この件で写真を飾るのをやめたと。

 

自分の師匠からこんな行為を受けてしまったこと、他に見ている人たちがいたのに見なかったことになる世界、それを言えずに長年過ごしてきた Karenさん。

 

私自身は幸い、ヨガでこのような経験をしたことはありません。ただ、良からぬことをしていた講師は知っています。ある程度知名度のある方ですが、表向きでは当然そんな姿はわかりません。ヨガ講師以前に人としての問題です。

 

ヨガ界の #MeToo、表に出ていないだけで他にもあるような気がしてしまいます。どうにかならないものでしょうか・・・

 

再度、記事のリンクです。

Karen Rain Responds to Mary Taylor’s Post About the Sexual Misconduct of Pattabhi Jois

 

・ちなみにトップ画像は今年9月にインドへ行った際に最後の数日マイソールへ行った際に撮ったものです。ここで練習したわけではないので、自分が入っての写真は撮らず。

 

 

コメントはこちら

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

オーストラリア・ブリスベン在住ヨガティーチャー。東京都出身、在豪歴延べ12年(パース・シドニー・ブリスベン)。日豪での会社員生活からのヨガティーチャー転身。ヨガ翻訳や日本生まれの音響楽器、シンギング・リン®を使ったサウンドヒーリングもしています。日々楽しく軽やかに穏やかに。