よく使うからこそ注意が必要なインストラクション(Verbal Cues)

 

ヨガクラスで使うインストラクション(Verbal Cues)について、以前のブログで書いたものに加筆修正します。

 

インストラクションをする際に留意することとして、
・それは説明として本当に適切なのか?
・生徒さんはその説明を正しく理解してその通りに身体を動かせるのか?
わかりやすいのか?

などがあります。

 

過去に受けたティチャートレーニングやワークショップで話題に出た言い回しは私自身がクラスを受ける時に良く聞くし、自分がクラスで使っていたこともありました(良く聞くからそれに慣れて自分も使う・・・という流れ)。

例を少しあげると

1)X tuck tailbone in →  neutral pelvic tilt
尾骨を下げる ではなく
骨盤を中立に保つ

⇒尾骨を下げることを意識しすぎて骨盤が後傾する(猫背になる)可能性もあるから

2) (pull) navel towards spine
「おへそを背骨の方へ(引き入れる)」

これに代わるもののひとつが
“navel towards spine and spine towards navel”

⇒おへそを引き入れることばかり集中して必要以上にお腹に力が入るのを防ぐため

この話題になった時、私もそうですが周りの反応も「あ~、言われてみればそうだよね」。他にも、よく使う/聞くけれどこんな誤解を招くこともあるよね、というものがありました。

あ~そうだよね、と思う人が多いということは、それだけ多く使われているということ。

自分では馴染みがあってその指示の意図するところはわかっていても、クラスにいる全員がそうとは限りません。

ヨガが全く初心者の人にもわかる言い方なのか?

慣れがくると初心を忘れそうになりますが、ベテランの先生でも(ベテランだからこそ?)「常にBeginner’s Mindを持つことが大事」と言われます。

私の場合、英語でのインストラクション時は常にBeginner’s Mindになりますが・・・(汗)

 

常に立ち止まって “考える” こと。

たくさんある言い回しを「人が使っているから」という理由だけでなく、自分の経験から出た言葉を使って伝えること。ヨガに限らず日々心掛けたいことのひとつです。

 

*写真は2014年12月、Perthでの年末朝ヨガクラス 🙂

コメントを残す