よく使うからこそ注意が必要なヨガインストラクション(Verbal Cues)

ヨガクラスでインストラクションをする際に気をつける点として、

・それは説明として本当に適切なのか?
・生徒さんはその説明を正しく理解してその通りに身体を動かせるのか?
わかりやすいのか?

 

などがあります。

 

過去に受けたティチャートレーニングやワークショップで、この言い方には気をつけよう!と話題に出たものの一部をご紹介します。これらの言い回しは、私自身がクラスを受ける時に良く聞くし、自分がクラスで使っていたこともありました(良く聞くからそれに慣れて自分も使う・・・という流れ)。

 

1)タダアーサナ(山のポーズ)や ウォーリア1・2(戦士のポーズ1・2)で

“tuck tailbone in”
尾骨を下げる

“neutral pelvic tilt”
骨盤を中立に保つ

⇒尾骨を下げることを意識しすぎて骨盤が後傾する(猫背になる)可能性もあるから

 

2)プランク(板のポーズ)で

” (pull) navel towards spine”
おへそを背骨の方へ(引き入れる)

これに代わるもののひとつが

“navel towards spine and spine towards navel”
おへそを背骨に、背骨をおへそに(お互いを寄せ合う)

⇒おへそを引き入れることばかり意識して、必要以上にお腹に力が入るのを防ぐため

 

この話題になった時、私もそうですが周りの反応も「あ~、言われてみればそうだよね」。他にも、よく使う/聞くけれどこんな誤解を招くこともあるよね、というものがありました。

 

あ~そうだよね、と思う人が多いということは、それだけ多く使われているということ。

 

自分では馴染みがあってその指示の意図するところはわかっていても、クラスにいる全員がそうとは限りません。

 

ヨガが全く初心者の人にもわかる言い方なのか?

 

慣れがくると忘れそうになりますが、ベテランの先生でも(ベテランだからこそ?)「常にBeginner’s Mind(初心)を持つことが大事」と言われます。

 

私の場合、英語でのインストラクション時は常にBeginner’s Mindになりますが・・・(汗)

 

常に立ち止まって “考える” こと。

 

たくさんある言い回しを「人が使っているから」という理由だけでなく、自分の経験から出た言葉を使って伝えること。ヨガに限らず日々心掛けたいことのひとつですネ。

 

*写真は2014年12月、Perthでの年末朝ヨガクラスです 🙂

 

英語のヨガインストラクション あるある

14/07/2017

コメントはこちら

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

オーストラリア・ブリスベン在住ヨガティーチャー。東京都出身、在豪歴延べ13年(パース・シドニー・ブリスベン)。日豪での会社員生活からのヨガティーチャー転身。ヨガアプリ「Down Dog」の日本語音声&翻訳担当。日本生まれの音響楽器、シンギング・リン®を使ったサウンドヒーリングもしています。庭でニワトリを飼い、細々と家庭菜園を楽しんだり。日々楽しく軽やかに穏やかに。