やっぱり180度開脚したい?

開脚前屈

数年前に180度ベターっと開脚をするストレッチが流行り、今でもまだその傾向はあるのかな…?という感じもしますが(オーストラリアでは見かけたことがないなぁ…)、180度開脚は「憧れのポーズ」であることは確かなのかもしれません

 

ちなみに先に言っておくと私は180度開けないし、ヨガを教える人ならできた方がいいのかな…とも思っていません(私の場合、180度を目指すと体を痛めそうな気がして)。

 

開脚前屈に限らずですが、できたら何となくすごいから、という理由で無理やり体を動かすのはヨガとしてはNGだと思っています。

 

以前にも似たようなことを書いていますが…

何のためにポーズの完成形を目指している?

 

どうしてそのポーズができるようになりたいのか?を一度自分に問いかけて正直に答えてみると良いかなと思います。自分のエゴとご対面するかもしれないし!

 

開脚前屈を練習することがダメと言っているわけではありませんよ~

 

そして、開脚前屈を練習をする時に気をつけたいことなどについてヨガジャーナルオンラインの記事で書きました。

いつかできるようになりたい憧れポーズ「開脚前屈」の練習で心がけたいこと | ヨガジャーナルオンライン (yogajournal.jp)

 

Happy Practicing 🙂



コメントはこちら

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

オーストラリア・ブリスベン在住、東京都出身。在豪歴延べ15年(パース・シドニー・ブリスベン)。日豪での会社員生活からヨガティーチャーに転身。ヨガクラスをする他は、ヨガアプリ「Down Dog」の日本語音声&翻訳、「ヨガジャーナルオンライン」のライターとしても活動。オカメインコと庭のニワトリとも楽しく暮らすオーストラリア生活を送っています。