地味に元気です

ブログ更新が鈍くなっていたのは自覚していましたが、久しぶり記録を更新してしまったようです💦前回のブログから3か月以上が経ち…ブリスベンは冬が終わって春から初夏にかけてお馴染みのジャカランダが咲く季節になっています。

 

SNSの更新も頻繁ではないし(Twitterはまあまあやっていますが大したことはつぶやかず)、リアルで会わなければ何をしているのかわからない、あの人何してるの?的な人になりつつあります。

 

世間はまだコロナのあれこれが続き、オーストラリアではシドニーやメルボルンが長期のロックダウンになってしまって大変な状況でしたが、ブリスベンは過去3か月で1週間のロックダウンが一度あった程度。ありがたいことに平穏と言える生活を送ることができています。

 

私のこの半年ほどはヨガのティーチャートレーニングやヨガ哲学講座、シンギング・リン®のセラピーコースの受講などインプットが続いて今も進行中のものがあり。

 

アウトプットはヨガクラス、シンギング・リン®の音浴会や個人セッション、ヨガジャーナルオンラインへの寄稿などでしょうか。ブログ更新が含まれていないのがミソ!😂

 

シンギングリン 音浴会 ブリスベン

*音浴会 Sound Bath Meditation

 

ヨガは自宅スタジオでのクラス以外にも、ご近所のジムや小規模のプライベートグループからヨガ&シンギング・リン®のリクエストをいただいて定期的にクラスをしたり。おかげさまで好評をいただいて、うれしく、ありがたい限りです。

 

ブリスベン ヨガ

 

ヨガのティーチャートレーニング、哲学、シンギング・リン®のセラピーの勉強は一見共通点がない感じがするかもしれませんが、やっていくと全てに繋がりを感じるところもあって、自分がやってきたこと、これからやっていくことの道筋が見えてくるような、これでいいんじゃない?という感覚があります。

 

毎日、毎週、毎月があっという間で時間に流されているだけのように感じることもありますが、こうやって振り返って書いてみると大丈夫そうな気もします。

 

最近少し気になるのは、考えが異なる人同士の分断というか、互いを尊重する気持ちの薄れ?みたいなものでしょうか…正義や白黒つけるで自分の意見を押し通そうとする感じというかなんというかほにゃららほにゃららふんがふっふ…

 

ニュートラルな目線で、風通しが良い人と人とのつながりを作っていきたいと思っているので、そのツールとしてヨガと音を活用していければと。目の前にあることを地味にこつこつとやっていきます。

 

次回のブログ更新がいつになるか気になりますが、年を超えない程度にとは思っています…(目標低ーっ!)

 

まわりの状況に左右されすぎることなく、心おだやかに過ごしましょう🍀



コメントはこちら

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

オーストラリア・ブリスベン在住、東京都出身。在豪歴延べ15年(パース・シドニー・ブリスベン)。日豪での会社員生活からヨガティーチャーに転身。ヨガクラスをする他は、ヨガアプリ「Down Dog」の日本語音声&翻訳、「ヨガジャーナルオンライン」のライターとしても活動。オカメインコと庭のニワトリとも楽しく暮らすオーストラリア生活を送っています。