ちょっと考えてみたい、ヨガを続けていると出てくるあの言葉

ヨガ ポーズができない

 

ヨガを続けている人が多分一度は思ったり、口にすること。

 

もうヨガを〇カ月(□年)やっているのに

まだ全然ポーズができない。
ヨガやっているとは言えないレベル。

 

ある程度ヨガを続けている方、いかがでしょうか?

 

そう思う気持ちはわからなくはありません(人に対して言う時は若干謙遜もあるのかもしれませんが)。私も以前思ったことがあります。

 

でも、ポーズが「できる」ことがヨガの最終目標…?前屈でぺたーんと体が倒れたら、ヘッドスタンドができたらそれがゴールになるということ?

 

そもそも「ポーズができる」ってどういうことでしょう?

 

例えば座っての前屈(パスチモッタアーサナ)。

 

全身にもんのすごく力を入れて、険しい顔をしながらえいーーーーっ!!!と息が止まるほど頑張って上半身がぺたーんと倒れた。ポーズが出来た?

 

力が入りすぎてこんな顔しちゃったりとか

 

ぺたーんとはいかないけれど、体に無駄な緊張や力みはないし、呼吸もおだやかに続いていて、顔の表情もリラックス。自分が体をどう使っているのか、どこが気持ちよく伸びているかを感じられる。でもぺたーんと倒れていないからポーズができているとは言えない?

 

 

この写真の前屈はどうでしょうか?お腹が完全に脚についていないからダメ?あ、でも手がつま先に届いているからまぁまぁできてる?

 

今これを読んでくださっている方、答えは何でしょう?

 

 

続けているのにポーズができない…と思ったら。

 

でも続けられているんですよね?それが簡単ではないということに気づいてください。途中でお休みがあってもまた始めていればそれだってすごいこと。

 

だからといって、続けられないことが悪いのではありません。そもそも続けるのは難しいから。

 

クラス通いが続かなくなった、途中で中断したことで「ああ自分は続けられない人」とマイナスに捉えたり、もうクラスに戻れない、先生に合わせる顔がない(笑)とか思う必要はないと私は思っています。

 

話を戻して…

 

できるとかできないとか気になりだしたら、ヨガを続けて「ポーズができた」以外に自分の中には何も変化がなかったのか?を振り返ってみるのもおススメです。いいことにフォーカス!

 

そしてもう一度、ポーズができるってどういうことだろう?を考えてみるとよいかもしれません。

 

Happy Practicing 🙂

 



コメントはこちら

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

オーストラリア・ブリスベン在住。東京都出身、在豪歴延べ13年(パース・シドニー・ブリスベン)。日豪での会社員生活からヨガティーチャーに転身。ヨガクラスをする他は、ヨガアプリ「Down Dog」の日本語音声&翻訳、「ヨガジャーナルオンライン」のライターとしても活動。庭でニワトリを飼い、細々と家庭菜園を楽しんだりのオーストラリア生活を送っています。