膝の痛みとヨガのポーズ練習

ヨガをする上で「膝の痛み」はできるポーズに制限がある、ヨガそのものを避けた方がいいのではないか、など色々と悩みの種にもなります。

 

かといって、ヨガを完全にやらない方が良いとも限らず、ポーズのやり方を少し変えることで、元のポーズと似たような効果を得ることが出来る場合もあります。

 

膝が痛いから無理!と完全に諦める前に、できることを探していくこともおすすめです。

 

軽減法の一例をヨガジャーナルオンラインの記事で書きました。

膝が痛いからとあきらめる前に…試してみたいポーズの軽減法

 

記事では触れていませんが、チェアヨガ(椅子ヨガ)も選択肢のひとつですね。

 

以前こちらの記事でも書きましたが、体の一部だけ調子が悪い時でも工夫次第で100%同じことはできなくても、ゼロよりは何かができることもあります。

ブリスベン ヨガ 手首

手首が痛いときのヨガポーズ軽減法

20/05/2020

 

もちろん、無理してやる必要はないので、ご自分の体の様子をしっかりと観察しながら行ってください 🙂

 



コメントはこちら

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

オーストラリア・ブリスベン在住、東京都出身。在豪歴延べ15年(パース・シドニー・ブリスベン)。日豪での会社員生活からヨガティーチャーに転身。ヨガクラスをする他は、ヨガアプリ「Down Dog」の日本語音声&翻訳、「ヨガジャーナルオンライン」のライターとしても活動。庭でニワトリを飼い、細々と家庭菜園を楽しんだりのオーストラリア生活を送っています。